マーケティング

Google検索アルゴリズムとE-A-Tについて

 

 

悩んでる人
Googleの検索アルゴリズムは日々変化しているけど、サイトのアクセスを増やす時にはどんな事を意識していけばいいのだろう?

 

Googleはユーザが検索によって価値ある体験を得られるようになるためのアルゴリズムを数多く設計しています。まずはGoogleのアルゴリズムにはどんな内容があるかを理解して、ポイントを1つ1つ押さえていく事が重要です。

このページではGoogleアルゴリズムの 各種類とその内容について解説していきます。アクセスやSEOの改善には、それぞれのポイントを押さえてサイトを改善していきましょう。

主要Googleアルゴリズム3点

MFI (Mobile First Index : モバイルファーストインデックス)

パソコンによる検索が主流だったものがスマートフォンによる検索が主流になりつつあるため,スマホ対応のサイトでないと評価されません。

モバイル用のページに変更されたものがモバイルファーストインデックスになります。

モバイルフレンドリー対応  (作成中)

モバイルファーストインデックスの詳細 (作成中)

 

QDF (Query Deserves Freshness :新鮮である事が望ましい)

QDFとは、「検索は新鮮である事がふさわしい」という意味です。

Googleは常に最新の情報を上位表示させる傾向にあるというものです。

芸能ネタなどトレンド情報を随時提供しているトレンド系サイトにはかなり重要なアルゴリズムになります。

QDFアルゴリズムとは…他の情報よりも新しい情報をUPしているものを上位表示する仕組み。更新や情報が新しいものをGoogleが判断して表示します。

ただし全ての検索結果に対して表示されるのではありません。

検索数の増減やブログ、ニュースサイト、SNSニュースの発信数といった情報を元に今現在注目度んが高い話題を割り出し、それに対してアルゴリズムを働かせます。

つまり芸能ニュースや政治経済などで一定数トレンドがありシェアされる事が多い情報などはこのアルゴリズムが働きやすいといえます。逆に歴史のある観光地の情報や冠婚葬祭の情報など、普遍的な情報・変化のないコンテンツには働きにくいといえます。

新鮮である事が望ましいとGoogleが判断した情報

・芸能ニュース

・政治経済に関するニュース

・天気、天災に関する情報

・開催されているスポーツの試合やイベントに関する情報など

  QDFアルゴリズムを意識した記事の書き方(作成中)

QDD(Query Deserves Diversity :多様性があるのが望ましい)

QDDとは、「多様性のある検索結果」「検索結果は多様性に富んでいるべき」という意味です。

Googleは同じような内容の記事ばかりにならないように検索結果に多様性を出す様々な内容のウェブサイトを表示させています。

1つの検索結果に対して結論が同じだったとしてもいろいろな主張や情報を紹介しているサイト作りが重要だと言うことで、

検索やアクセスが多いサイトだからといってそれをコピーしたようなサイトを作っても評価されません。サイト作成においては、文章や画像を含め、全体的に独自性を出す事が必要になります。

QDDとは?検索結果の多様性を意識したGoogleアルゴリズムの詳細(作成中)

 

Googleアルゴリズムアップデートの歴史

Google アルゴリズムアップデートは2014年ごろから始まり現在約11種類のアルゴリズムアップデートが行われています。

これは今後も定期的に改変されることが予想されアップデートされるたびに記事も更新していく予定です。

1ベニスアップデート

2パンダアップデート

3ペンギンアップデート4.0

4Rank Brain

5クオリティアップデート

6モバイルフレンドリーアップデート

7インタースティシャル広告アップデート

8日本語検索アップデート

9健康アルゴリズムアップデート( Your Money Your Life )

10コアアルゴリズムアップデート

11BERTアップデート

では最初のベニスアップデートから簡潔に解説していきます。

べニスアップデート(2014年12月)

ユーザが検索した場所によって異なる検索結果を表示するアルゴリズムです。

検索した地域に関連のあるサイトを検索結果に表示されます。

Googleがユーザの検索意図を汲んでサイトを表示するように変更しました。

東京で検索するのと大阪で検索するのには同じキーワード でも全く違う内容が出るように調整されています。

地域ごとの検索ボリュームによって結果が表示されるため全てにおいて一定の地域性を反映するものと考えられます。

パンダアップデート(2015月7月)

パンダアップデート とは、コンテンツの品質を評価するアップデートのことです。

他サイトからコピー+少しリライトしただけといったオリジナルの内容を持たないコンテンツは評価が下がります。

→独自のコンテンツを作成しているサイトは評価が上がる。

※同じものが一切あってはいけないと言うことではない。

同じトピックスについて論じるときどうしても同じ部分というのが発生するためサイト作成者は独自の考えや知見を持って記事を書いていくことが重要になります。

→(詳細情報

今後のSEO対策のポイントはオリジナルで有用なコンテンツを作ることです。

ユーザごとに欲しい情報が異なるため一概にこれといったコンテンツを明示するのは難しいですがGoogleから品質評価ガイドラインが出されているのでそれを参考にしましょう

Google  E-A-Tに沿って良質なコンテンツを作り、評価を上げる

「Google E-A-T」とは、Googleが考える高品質なコンテンツの概念を指しており、大別して3つの要素で構成されています。

①専門性(Expertise)・・・詳しい内容が書かれていること。

例えば転職の事は転職に詳しい仕事をしている人が書いていたり、ITのことに関してはITの専門家や現場の最前線で勤務している最新の情報が求められる需要が多く、良質なコンテンツと判断されやすい傾向にあります。

②権威性(Authority)・・・わかりやすい内容で人気になること。

ここで言う権威性とはユーザに支持されていることを実際にユーザのアクションを数多く起こしているコンテンツを指し、人気があるコンテンツのことをいいます。

厳密にはサイトへのコンバージョンが多いページ、アクセスが多く、ユーザーが長時間滞在するセッションが長く滞在するサイトなどがそれに当たります。

例えば、このサイト経由でnoteが売れた、サービスを利用した、SNSでたくさんリンクをシェアされてアクセスが大きくのびた、長時間滞在してブラウザを閉じた(満足する情報収集ができた)などの良好なユーザ体験をたくさん集めた場合そのサイトは権威性が高いということになります。

 ③信頼性(Trustworthiness)…事実の証明がある事。

コンテンツにおける信頼性とは実際の顧客の声や体験した人の声などが事実の証明となり、信頼性を築きやすい傾向にあります。

社会的に広くプラスの意味で認知されているということも信頼性につながるでしょう。

コンテンツに事実が書かれていれば、発信内容に信頼性が増します。例えばあるサービスを紹介していてそのサービスを実際に体験した内容を書いていたり、その体験したユーザの口コミを紹介しているなど、実際の体験や感想などを記載することが非常に重要です。

様々な視点でのレビューや意見も実在の人物が発信していれば、ユーザは個人個人の価値観でそれをとらえ、参考にしたいかどうか、利用したいかどうかなどを決められ、疑問の解消や実際のアクションに繋げられるようになります。そうなれば価値のあるコンテンツとしての有用性・信頼性も高まってくるでしょう。

 

 

ペンギンアップデート(2016年9月)

ペンギンアップデートとは、リンクとウェブスパムを取り締まるアルゴリズムで、リアルタイムで実行されているシステムです。

通常、良質なサイトはブログやSNSで紹介されたり、つながりのあるサイトからリンクを貼られてアクセスが増えるという事があります。

以前はアクセスのないサイトでもリンクを沢山貼ったり、リンクを買うことでSEOを上げるというユーザーにとって良質ではない SEO施策が流行った時期がありました。

現在はこのような手法がペンギンアップデートにより全く効果を生まないように変更されました。

このアップデートが原因でサイトの評価が下がっても、その原因を取り除くことができればアルゴリズムの経過・時間とともに評価を回復することができます。

反対に悪質な方法でアップデートしていくといつでも評価が下がる可能性があるので注意が必要です。

 

大切なのは「有益でオリジナリティがある」という点である事を忘れないようにしましょう。

 

Rank Brain (2015年2月頃)

Rankbrainは人工知能が組み込まれたアルゴリズムです。「ここから1番近いガソリンスタンドはどこ?」などの口語質問を処理できるプログラムです。

現在検索の約15%がランクブレインによって処理されています。

コンテンツ、リンクに次いで3番目の評価ポイントになっています。

 

クオリティアップデート(2015年5月)

Googleアルゴリズムの根幹部分をアップデートでしたものです。

クオリティーアップデートもコンテンツ品質の評価をします。

パンダアップデートがページごとの特性サイトをターゲットとするのに対し、クオリティーアップデートはサイト全体の品質を評価します。

総合的に「このサイトはどんなジャンルのサイトであるか」という事を精査し、同ジャンルのサイトの中で品質を評価されると見られています。

モバイルフレンドリーアップデート(2015年4月・2016年5月)

これはスマホ対応していないサイトの評価が下がるアップデートです。これによりサイトのスマホ対応が一気にすることになりました。

・クリックできる要素の近さ

・ビューポートの使用

・フォントサイズ

・コンテンツ表示時間

・掲載画像サイズ

などスマホ対応に関する項目が複数あり、それによって判定がなされています。

モバイルフレンドリーについてはこのページでも詳細を解説します。(作成中)

 

 インタースティーシャルアップデート(2015年11月・2017年1月)

これはアクセス時にページ全体を応用な広告が表示されるページ評価を下げるアップデートです。ページの広告表示は全員がその広告を閉じなければ検索表示が先に進みません。GoogleはUX(ユーザエクスペリエンス:ユーザーの体験)を阻害するようなコンテンツを嫌うためこのアップデートは当然の流れかと思われます。引き続きUXに係る部分のアップデートはさらに強化されていく見通しです。

 

 日本語検索アップデート(2017年2月)

その名の通り日本語検索が対象のアップデートです。

医療や健康などユーザの生活に係る情報について根拠の薄い内容で配信していたキュレーションサイトなどが上位表示されていたことが原因と言う見方が強いアップデートでした。Googleはユーザの検索意図に反したサイト上位に表示することを望んでいないため、パンダアップデートでも記載した「E-A-T」を強化する要因ともなっています。

コンテンツを定期的に大量投入するようなサイトや画像が多くテキストコンテンツがあまりないサイト内部リンクで定時間移動できずユーザビリティーが低いサイトなど影響受けている傾向にあるため、網羅性の高い情報や専門性が明記されていないサイトが影響を受けていると言われています。

健康アップデート(2017年12月)…Your Money Your Life

医療や健康に関する情報の精査を目的とした日本国内のみに適用されたアップデートです。医学的に根拠のない情報が医療健康系の検索結果に表示されていましたが、これにより根拠の薄い情報は低評価となり、信憑性・専門性の高い記事が上位表示されるようになっています。

「Your Money Your Life 」 と言う単語がこのアップデートで有名になりました。

医療系のページに関してはドクターなど専門職の方が紹介している情報が上位表示され、整骨院などのページが軒並み評価が下がると言う現象が起こりました。金融・投資などにおいては会計士や税理士などの専門職、実績のある投資の現場のプロなどが紹介する情報については上位表示されそうでない情報のサイトについては低評価となる現象が発生しました。

 

コアアルゴリズムアップデート(2018年3月〜)

アルゴリズムのコア(核)と言う位なので非常に重要なアップデートであることが推察されるのですが詳細な説明はなされていません。しかしこれを通じGoogleは「良いコンテンツ更新し続けることが唯一の対処法」と発表しています。

 

既に配信された記事であっても情報を追記・更新する事が表示結果に効果を生むと解釈されます。

 

スピードアップデート(2018年7月〜)

・ページ表示速度の評価はPCだけでなくモバイル端末用のページも加わると言う事

・悪い評価対象になるページはユーザが遅いと感じる表示速度のもの

 

と言う内容になっています。ユーザーはページの表記に10秒以上かかると49%が離脱するとされ1秒ごとに更に10%が離脱すると言われています。モバイルフレンドリーのアップデートが事前に加わっていることを考えてもモバイルページでの速度表記はSEOを向上させる上で非常に重要なポイントとなると筆者は解釈しています。

 

BERTアップデート (2019年10月)

BERTとは、自然言語処理技術(NLP)の一種で、Bidirectional Encoder Representations from Transformersの略です。直訳すると「トランスフォーマーからの双方向エンコーダー表現」という意味になります。言語処理技術は人間が使う言語をコンピューターに理解するための技術ことを1 Google検索で検索エンジンが私たちの検索意図に合わせ適切なサイトを表示するために人間の検索ワードコンピューターに理解されています。このアップデートにより今まで難しかった文脈の理解が可能になりました。

 

 

各アルゴリズムアップデートとサイト作成のポイントまとめ

それぞれのアルゴリズムアップデートで発生した変更と、今後集客を図る上での重要ポイントをまとめました。

1ベニスアップデート……地域毎に検索結果が異なる。

2パンダアップデート……各ページが良質なコンテンツと品質評価される事が重要。Google E-A-Tを理解して更新を行っていく。

3ペンギンアップデート……リンク・ウェブスパムを取締まる。SNS等で健全にシェアされ、CVしていく事が重要。

4Rank Brain … …口語質問に対応できるプログラム搭載。現在、検索の約15%を占める。

5クオリティアップデート……ページ毎ではなく、サイト全体の品質評価されるようになった。

6モバイルフレンドリーアップデート……スマホ対応してないサイトの評価を下げ、操作性など含め全体をスマホ使用の視点からサイト品質を評価する。

7インタースティシャル広告アップデート……ウインドウ開いた時のページいっぱいに広告が表示されるページの評価を下げる変更。

8日本語検索アップデート……日本語検索を対象とした改変。根拠のあるコンテンツを重視。E-A-Tの存在が重要。

9健康アルゴリズムアップデート……信憑性・専門性の高い記事が上位表示される。「Your Money Your Life 」のジャンルで顕著。

10コアアルゴリズムアップデート……重要だが詳細な説明がされていない。「良いコンテンツ更新し続けることが唯一の対処法」とGoogleは言っている。

11BERTアップデート……言語をコンピューターに理解させるプログラムを搭載。コンピューターが文脈を理解できるようになった。

 

いかがでしたでしょうか?これからも定期的に発生するアップデートを理解し腰の壁に努めていきましょう。

他の記事でも関連テーマについて随時更新していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

-マーケティング

Copyright© Career times , 2021 All Rights Reserved.