転職の知識

信頼できる転職エージェントの特徴

転職エージェントには大手から中小まで多くの会社があり、専門職を中心に紹介を行う専門エージェントや、幅広い職種を紹介する総合エージェントなどがあります。

その中でも、それぞれにキャリアアドバイザーが面談時は担当につきますが、登録された事のある利用者の皆さんの中には、「担当者によって当たり外れが多い、自分に合ったアドバイザーだった、合わないアドバイザーだったか、など人によってそれぞれ利用した感想があったkと思います。

本記事では自分に合った転職エージェントの選び方キャリアアドバイザーの選び方について、

わかりやすいお勧めの方法を紹介します。

 

まずは転職エージェントの仕組みを理解する

それを理解するにはまずは転職エージェントの仕組みを理解しておく必要がある。

転職エージェントのサービスの特徴

1.利用者は無料で利用できる    …(例外あり)

2.エージェントは何社利用してもok … (併用時は注意点あり)

3.各社で面談担当者と、仕事の案件を紹介するスタッフがいる。

 …(後者は前者のアシスタントが多い)

4.企業の採用背景や面接内容について情報紹介があったり模擬面接、面接対策などを実施してくれ、 

 先行通過の後押しをしてくれるサービスがある。多くが無料サービス。

 

以上が利用者側から見たサービスのざっくりした内容である。

エージェント側のサービス運営上の原則

1.人材紹介して報酬を得る。(年収の10〜50%、通常は20~30%程度)

  企業と事前に契約を結び、長期勤務出来なければ契約に基づいて紹介料を返金する。

2. 求人を獲得する担当者、応募者面談を行う担当者に分かれている。

※1人で兼任しているケースもある。

3. キャリアアドバイザーには、専門性や企業交渉力、高いコミュニケーション能力を要する。

4.案件紹介にはスピードと応募者を納得させる的確性、独自性が必要となる。

 

では、どのような人が転職エージェントを利用するのに向いているのでしょうか。

転職エージェントを利用するのに向いている人

下記のいずれかに自分が該当すると感じられる方は転職エージェントの利用の方が望ましい結果が得られる事が割合は多いようです。

1自分はコミュ障だと思う or 自覚がある

2面接や転職活動ではプロのアドバイス&フォローが欲しい

3専門職・需要が高い職種の人 (ITエンジニア、プログラマ、会計士、デザイナー、看護師など)

4給料を入社前に交渉したい人 (ここは転職時に差がつく部分)

5第三者の意見を聞きながら慎重に仕事選びをしたい人

 

転職活動は「慎重になりすぎかな?」という位でちょうどいいと覚えておきましょう。

やり直しが効かない部分ですので、冷静に判断する為に、情報収集したり考えたりする時間がある方が好ましいです。

 

 

選ばれているエージェントの特徴

では、どんなエージェントが選ばれているのでしょうか?

選ばれるポイントは下記のような点です。

<転職エージェントの会社>

1.求人件数が多い(単純な件数+クローズドな求人がある)

2.優秀なキャリアアドバイザーが多い。(求人獲得能力、交渉能力、コミュニケーション能力など)

3.登録者を集める集客能力が高い。

4.良い体験をした利用者が友人や家族を数多く紹介している。

5.面接対策や就職活動上の応募者教育が上手で環境が整っている。

 

相談すべきエージェント <キャリアアドバイザー個人>

1.多くの業界に精通しており、情報が豊富、登録者よりはるかに多くの事を知っているアドバイザー

2.コミュニケーション能力が豊か (老若男女問わず相手が前向きになれるような紹介、アドバイス)

3.説得力、独自性のある提案ができる

4.年収交渉など希望に応じて頑張ってくれる方

 

 

これからのトレンド

 

労働人口減少でお金をしっかりかけてでも採用したい企業がこれから増えると考えられています。

人口統計では2060年までには30%近く減ると言われており、労働人口は全国で大きく減少の一途をたどります。

これまでの旧態依然とした「(人が)やめたら新しい人を入れればいい」と言う考えで従業員や求職者に対して傲慢な姿勢でいると、企業には採用はおろか応募すら来なくなるでしょう。

労働法規やコンプライアンス規定の遵守、社会通念上必要とされる意識を持ち求職者と対等な姿勢で接していく企業に応募集まり定着していくでしょう。

したがって求職者からにしてもそういった状況を踏まえた上で振る舞う必要があります。

採用される側のあるべき正しい姿勢、必要な成果

あくまで働かせてもらっていると言うことを忘れないこと。

もちろん企業は給料を払って雇用しているわけなので、形としては「雇ってあげている」とも言えるかもしれません。

しかし、今後の労働市場では企業と求職者は対等な立場となる必要があります。企業側は「働いてもらっている」、従業員は「働かせてもらっている」と言う視点で対等なコミュニケーションをすると良いでしょう。

これらを踏まえて、本題の相談すべきエージェントの特徴を紹介しましょう。

 

 

相談すべきエージェントに出会うためには

優秀なキャリアアドバイザーはどこにでもいるものではありません。

特に彼らはその仕事の中で自然と人気となり、登録しても必ず担当してもらえるとは限りません。

したがって、登録者側である私達は、より良い案内、紹介を得られるよう良質なエージェントに巡り会える努力はしておきましょう。

 

 

<1>複数の紹介会社に登録してみる(まず面談をしてみる)

<2>面談時にメモや記録、質問を用意しておく事

<3>どのアドバイザーにも謙虚に丁寧に接する事

※情報処理用のメールアドレス(Gmail等)を用意しておき、登録情報を統一して一元管理しておく。(そうすると混乱しない)

 

<4>会った中から最も頼りになりそうなアドバイザーを選ぶ、そして人に紹介する。

このようなやり方が参考になるかと思いますぜひ参考になさって下さい。

 

-転職の知識