転職の知識

信頼できるキャリアアドバイザーの特徴とは?

転職活動する時に、エージェントの人の言う事ってどこまで聞いたらいいの?自分で判断すべき事とかの、基準が知りたい!
悩んでいる人

こんな疑問に答えます。

記事を書いている人


・元リクルートの人材営業、現職は営業兼Webマーケティング職。
・転職やキャリア、webマーケティングについて発信中。

本記事の内容は以下の通りです。

・転職エージェントのビジネスの仕組み
・良いエージェントの特徴

転職エージェントには大手から中小まで多くの会社があり、専門職を中心に紹介を行う専門エージェントや、幅広い職種を紹介する総合エージェントなどがあります。

その中でも、それぞれにキャリアアドバイザーが面談時は担当につきますが、登録された事のある利用者の皆さんの中には、「担当者によって当たり外れが多い、自分に合ったアドバイザーだった、合わないアドバイザーだったか、など人によってそれぞれ利用した感想があったkと思います。

本記事では自分に合った転職エージェントの選び方キャリアアドバイザーの選び方について、

わかりやすいお勧めの方法を紹介します。

転職エージェントのサービス(利用者側)

ここでは、転職エージェントの仕組みを紹介します。

1.利用者は無料で利用できる

2.エージェントは何社利用してもok

3.各社で面談担当者と、仕事の案件を紹介するスタッフがいる。

4.募集背景の情報や面接対策の実施や面接後のフィードバックをくれる。

5. 年収交渉や入社時期の交渉をしてくれる。 

転職エージェントの人材紹介ビジネスの仕組み

1.利用者は全て無料で紹介サービス利用できる

 登録から面談、面接指導や面接のスケジュール調整、年収交渉、入社時期の調整までエージェントにやってもらう事ができます。

2.紹介会社は企業に人材を紹介して、入社すれば成功報酬を得る

 紹介料は年収の30~40%程度です。高額費用となる為、企業は使う場面を選んで採用します。

3.企業と事前に契約を結び、長期勤務出来なければ契約に基づいて紹介料を返金する

 転職者の離職リスクに配慮し、最大180日未満など、短期退職に対する返金保証を組んでいる事が多いです。

4. 専任のキャリアアドバイザーが担当につき、求人紹介と面接日程の調整を行う

 キャリアドバイザーは企業の求人獲得担当と面談担当を分ける分業制と、両方1人でやる一気通貫制があります。

 面談担当者から求人紹介をしてもらい、応募、面接日時調整をしてもらいます。

5. キャリアアドバイザーには、専門性や企業交渉力、高いコミュニケーション能力・提案力が必要になる。

 登録者は年齢層、性別、経験など様々なケースに分かれる為、最適な提案は相手によってかなり異なります。

 年上、年下、性別、年齢層、趣味、経験、様々な観点で話せる対応力が必要になります。

転職エージェントを利用するのに向いている人

この人は自分で活動するよりエージェントでの転職の方がうまくいく!という方は専門職の方に特に多いです。

自分だけで考えて組む選考対策よりも、選考書類の改良や転職市場の情報、企業の内部情報などが聞けるのがエージェント利用のメリットです。エージェント経由の転職活動を必ずしもしなくても、面談で情報を収集しておくのは悪くない手段です。

こんな方におすすめ

  • 履歴書・職務経歴書を添削してほしい人
  • 応募・面接ではプロのアドバイス&フォローが欲しい
  • 専門職・需要が高い職種の人 (ITエンジニア、プログラマ、会計士、デザイナー、看護師など)
  • 給料を入社前に交渉したい人
  • 第三者の意見を聞きながら慎重に仕事選びをしたい人

良い転職エージェントの特徴5点

総括するとあなたの良かった点だけでなく課題をフィードバックしてくれる、要望や気持ちを第一にを考えてくれるエージェントですが、以下の5点に要約します。

・どこがよかったのか、懸念点はどこか、をフィードバックしてくれる
・案件ベースでも良い悪いではなく自分のキャリアにとってどういう価値があるかと言う視点でアドバイスをくれる
・ 企業に回答期限の延長,年収交渉をしてくれる
・他に良い求人はないかと言う質問に粘り強く付き合ってくれる
・ 社長や役員、人事責任者等との強いパイプがあり、彼らとの面接を自由にセットできる[/st-mybo

課題、懸念点のは面接後に必ず聞くようにしましょう。

選考通過になる場合も、面接で不採用になる場合も、懸念点や評価ポイント両方を聞いておく方が後につながります。

エージェントも仕事なのでプッシュしてくる場面や、メリット・デメリットの説明などあるかと思いますが、

「あくまで転職者の意向、本人にとってのプラスを最重視する」アドバイザーが、長く付き合う価値のある信頼できるアドバイザーです。

悪い転職エージェントの特徴5点


・ 懸念点について質問しても明確な回答がない
・ 紹介を売り急いでいる、早く次の面接に進めようとしてくる
・ こちらが納得しているかどうか、心配な点が無いかなど相手の心境を100%大切にするという姿勢がない

ダメなエージェントに最も多く共通して見られるのが、「結論を急ぐ」担当者です。

ある企業に2社から応募提案があった場合、先に送ってきた業者が紹介権利を持つケースは多いですが、それゆえに生鮮食品のように早く売り捌こうといわんばかりの猛プッシュをする方がいます。

こういうエージェントは入社後にトラブルが何かあっても放置したり、下手したら入社前にも色々説明不足があるとか雑な事をする方がとても多いです。

「良い会社かどうか」と「良い転職先かどうか」は必ずしも同じではない

新卒採用も中途採用も、 等しく平等に扱う会社が多いが時々新卒重視の会社と中途重視の会社があることに気づきます。

それは経営陣の役員に占める割合の比率などでも見ることができます。新卒が8割など大勢を占めている場合は新卒重視の会社です。

中途採用者が登用されていないのは、そのまま会社の働きやすさを反映しています。 

中途採用者が活躍できるのか、良い転職先かどうかの視点で探して見てください。             

ネットの口コミを参考にしてもいいが必ず他社と比較することが大事です。     

一番口コミ件数が多いサイトは、OpenWorKがおすすめです。(口コミ1000万件以上)

転職経験別おすすめエージェント一覧

初めての転職の方

・大量求人紹介型  

 リクルートエージェント ……  評判についてはこの記事をどうぞ

 doda  …… 評判についてはこの記事をどうぞ

 件数を最も持っているエージェント2社です。

2回目以降の転職の方

 初めての利用が上記の2社だった場合は リクルートエージェント 、 doda でも良いですが、

 パソナキャリア (結婚踏まえたアドバイスなど) 

 ビズリーチ (ハイキャリア向け)

 この辺がご関係により、良いかと

 

登録のポイント

【1】複数登録してみる(2社くらいまで。まず面談)

【2】面談時にメモや記録、質問を用意しておく事

【3】どのアドバイザーにも謙虚に丁寧に接する

※情報処理用のアドレス(Gmail等)を用意して、登録情報を統一して一元管理しておく。(混乱防止)

【4】最も頼れそうなアドバイザーを選ぶ

このようなやり方が参考になるかと思いますぜひ参考になさって下さい。

関連記事でも紹介しておきます。

【体験談あり】人事おすすめの転職サイトランキング

悩んでいる人実際に転職者に支持されている転職サイトはどこ?どんな点が支持されているかも併せて知りたい! こんな疑問に答えます。 転職サイトランキング 転職を検討する際、「転職活動ってどの様に進めたらい ...

続きを見る

-転職の知識