おすすめ転職サイト・転職エージェント

新卒就職で失敗した方は必見、第二新卒向けの転職エージェント

新卒の就職は課題が残った。第二新卒の転職活動に最適な転職サイトor転職エージェントはどこだろう??
悩んでいる人

新卒での就活に不満が残った方は一定数いるのではないでしょうか?

この記事ではよくある素朴な疑問に回答します。

第二新卒の転職はキャリアを築く上で非常に重要

第二新卒とは、本来「新卒就職後、3年以内の転職者」を意味する言葉ですが、

昨今の人口減少の影響もあり、企業側は20代後半までを第二新卒とみなす企業が増えています。

厚生労働省の統計では一貫して「新卒で就職した学生の約30%の方が3年以内に転職する」というデータがあり、第二新卒の転職者は前途ある若手の採用で力を入れている、企業側が常に注目する転職者層です。

もちろん求職者側からしても、体力・精神力ととも柔軟性があり、伸び代も多い時期です。

しっかり慎重に就職先を決めて実りある将来を見据えていきましょう。

第二新卒の転職タイプは2タイプ

第二新卒の求職者は2タイプに大別されます。

「キャリアアップ型」の転職

こちらは新卒での経験は得る物があったが将来的な目標は別にあり、経験を活かしつつ別の会社でハイキャリアを目指す方に多い転職活動。

「キャリア回復型」の転職

こちらは「数ヶ月で最初の就職先を辞めた」「配属先での将来が見えない」「ブラック企業で体調を崩した」等、どちらかと言えばマイナス要因での転職を行う場合に上げられます。

一般的な割合は②が多い傾向にありますが、ハイキャリア層の方(高学歴で選択肢が多い方など)なら①②両方の方がいる事かと思います。

前向き姿勢で探すのが大事&交渉できる転職エージェントがおすすめ

第二新卒の就職活動では、転職理由に関わらず、前向き姿勢で探すことが重要です。

「学歴があっても短期の離職は評価されないのでは・・?」

「短期間で仕事を辞めてしまったから、、まともな会社に就職できないんじゃないか?」

その様に考える必要はありません。

もちろん、離職期間が短い方が良いに越した事はありませんが、重要なのは健康に働いて稼いで行けること。

「就職してよかった」と思える企業と出会い、地道に経験を重ねていける事が重要です。

エージェントは交渉・すり合わせできる点がオススメ

転職サイトで転職しても勿論良いのですが、転職初心者では年収決定プロセスはもちろん、選考通過のポイントもなかなかわからないのが実情ではないでしょうか?

中途採用と新卒採用は事情も全く異なる為、採用担当者が考えている事、求める事は違います。

その辺の情報は企業毎に状況が少しずつ異なり、エージェントはその窓口として日々変化する企業の求人状況とその背景、欲しい人材像を明確に把握しています。(有能なエージェントであれば。)

エージェントの事情については別記事でまた紹介します。

色々事情を把握しているエージェントでの転職活動が初心者にはおすすめです。

転職活動を始める際の準備

通常使用のアドレスと別に転職活動用のメールアドレスを用意する

Gmailアドレスを別で1つ作りましょう。PC、スマホの同期が簡単でGoogleカレンダーとの同期も楽に行えます。

一部の会社は求人の推薦メールが大量に配信されるため、情報量に混乱しないよう注意が必要です。

最初の登録は2社程度に絞っておくのがおすすめ

2社程度に絞っておく理由として、

・選考を受ける際のスケジュール調整がやりやすい(同じ企業の紹介がある場合もある為)

・エージェントには相性が合う、合わないがある為、合わない場合は担当者or会社を変えるのが良い時もある

 などがあります。1社ずつ登録のでも良いですが、業者比較と効率のバランスを考えると2社程度がおすすめです。

 

それでは、第二新卒の転職活動にお勧めの転職エージェントや転職サイトを紹介します。

まず登録をしておくべきエージェント2社

リクルートエージェント

おすすめ度:

公式サイト:https://www.r-agent.com/

業界最大手、求人件数は常時10万件以上という豊富な情報量で安心のサービスを提供してくれるのがリクルートエージェント

はじめての転職については、ここを通じて転職するかどうかに関係なく、まず登録しておきましょう。

リクルートエージェントにしかない非公開求人が一定数あるため、情報収集先として欠かせないエージェントです。(他社でも同じコメントを出してくるエージェントがいますが、まずここにほぼ全て出てます)

登録後の求人マイページが操作しやすく応募までの流れもスムーズです。

こんな方におすすめ

  • 豊富な情報から求人を探したい方
  • スムーズかつ効率的に面接・選考を受けたい方
  • 最大手のサービスをまずは受けてみたい方

リクナビネクストと連携可能です。もしネクストで気になる求人があれば担当者に相談しましょう。

現在はコロナ環境に対応の為、オンラインでの面談も可能です。

登録する

リクルートエージェントは大卒者はまず必ず一度は登録しておきましょう。

今すぐ転職活動をしなくても、キャリア相談をするだけでも参考になる情報や考え方を提供、提案してもらえるはずです。

doda(デューダ)

おすすめ度:

公式サイト:https://doda.jp/

業界2位のdoda転職エージェントが第二新卒でも人気です。

dodaは転職サイトと、エージェントサービスが登録時に同時に利用できるよう選べるタイプのサービスです。

求人自体は豊富にあり、寄り添い方の担当者が多い為、期限を迫られて選ぶというよりは自分のペースで

転職活動を行える為、スピーディに活動したい方もゆっくり慎重に活動したい方にも合わせてくれます。

求人のレコメンド(推薦)メールが自動的にたくさん届きますので、別でアドレスを作っておくのがおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 沢山の求人から仕事を探したい方
  • 自分のペースに合わせて活動したい方、情報を探したい方

転職サイト内の「転職人気企業ランキング」が利用者に人気ですが、その中には第二新卒でも選べる求人もあります。

転職サイトと求人紹介してもらうエージェントサービスが選べますが、エージェントから紹介してもらうのが効率的でおすすめです。

登録する

リクルートエージェントと併用して利用するのが良いですが、他社と比較する時もdodaの情報量の豊富さは役に立ちます。

色々なタイプの方がそれぞれの希望・ペースに合わせて主体的に利用できる点がおすすめです。

キャリアアップ型転職向け:キャリトレ 

おすすめ度:

公式サイトhttps://www.careertrek.com/

キャリトレは、ハイキャリア向け中途採用サービスで有名な「ビズリーチ」が取り扱うサービス。

ビズリーチは30代以降がメインターゲット、キャリトレは20代に特化したサービスになります。

企業も大手企業から中小企業、ベンチャーまで幅広くあり、転職の志向別に検索が可能です。

こちらの会社のサービスに向いているのは、こんな方。

こんな方におすすめ

  • 「現職の経験を活かしてステップアップしたい!」という第二新卒者
  • 新しいスキル・経験を身につけて将来的なハイキャリアを目指したい方

人気企業や大企業のハイキャリアを目指す第二新卒向け求人もあれば、ベンチャーでマルチにやれる仕事の範囲を広げる求人もあります。

キャリアアップ求人をメインに探して転職活動したい方は登録しておきましょう。

登録は5分程度ですぐに完了できます。

登録する

キャリア回復型転職向け:ウズウズ (UZUZ)

おすすめ度:

公式サイト https://uzuz.jp/

UZUZ(ウズウズ)は既卒・第二新卒向けに特化している転職エージェントです。

こちらの会社のサービスに向いているのは、こんな方。

こんな方におすすめ

  • 「最初の就職活動で失敗して短期離職した…」という第二新卒者
  • 「新卒で希望が叶わず、就職機会をフイにしてしまった…」という既卒者

求人は第二新卒向けのものが中心になっており、カウンセラーも同様の経験をしている方が多い、

若くて活気溢れる人材紹介会社です。

上記に該当する登録者にとっては他のエージェントに比べ、気持ちに寄り添ったサポートをしてくれます。

求人は未経験者から目指せるIT系の案件が多いですが、第二新卒に人気の案件が多いです。

転職活動支援に使う教育サイトや求職者向けの座学講座が利用者から非常に好評です。

転職後の入社先での定着率も非常に高く、カウンセラーが入社後数ヶ月にわたって連絡をして

定期フォローを行っていく等、転職先で活躍できるよう丁寧にサポートするというのが特徴です。

多くの紹介会社では入社後のサポートは少ないorほとんどない事が多い為、

転職後の不安が大きい方は、キャリアアップ型の転職を目指す方でも面談をしてみると良いでしょう。

登録する

社員口コミサイト:OPEN WORK

Openwork は、現従業員や元従業員の勤務先(前職)生の声、勤務時の社内環境に関する生の声が聞けるサイトです。

公式サイト https://www.vorkers.com/

こちらは、エージェントや転職サイトの情報とは別に、あなたに客観的な視点を与えてくれます。

ポイント

  • 企業の社風、待遇、職場環境などについて社員(元社員)の口コミが見られる
  • 憧れや思い込み等を排除して、入社の是非を冷静に判断できる。

こちらから登録できます。

履歴情報記入の必要性があり、人材紹介サービスも行っていますので、こちらで紹介サービスを受ける事も可能です。

登録はこちら(公式サイト)

第二新卒が就職活動するときに気をつけるポイント

転職が決まるまで現職を退職しない(意思も伝えない)

採用側から見ると転職前に離職する方はややもすれば無計画に見えがちです。

既卒でも採用余地はありますが、企業によってはその差で内定を撮り逃す事も十分あります。

在職中の方が好評価を受けやすいというのは肝に命じておきましょう。

面接で前職の不平不満を言わない(ポジティブに語る)

退職理由はあくまでポジティブな言い方にしましょう。

前職(現職)の不平不満を言っている人よりも、「あくまで前向きな目線でやった上で変えられない部分があるので転職する」と説明する人の方が建設的で評価されます。

転職での譲れない「軸を決めておく」

年収や勤務地、業務内容など、譲れない部分は明確にしておきましょう。

転職が初めてでわからない事が多く、どうしても転職エージェントの言う事を聞いてしまうという方も多いと思います。

しかし、転職は全て自己責任であり、何かあっても他の誰かが責任を取ってくれたりはしません。

「年収○○万円がいい」「職種は●●がいい」「勤務地は○○がいい」等希望は明確にする方が、エージェントには紹介案件を出しやすいです。

第二新卒の転職はその後のキャリアに大きく影響する選択になりますので、要望や思い、心配な事などは何でも

相談しましょう。積極性と慎重さがモノをいいます。

まずはゆっくり情報収集を始めるところから始めましょう。

まとめ 

第二新卒の転職活動は転職エージェント利用しよう!

 ・エージェントは企業の採用背景や本音の情報も収集していて詳しいし、年収交渉もしてくれるのでおすすめ。

 ・前向き姿勢で臨む

 ・リクルートエージェントdodaを標準登録しよう

<その他>

・キャリアアップ型転職希望の20代→キャリトレ

 ・キャリア回復型転職希望の方→UZUZ

 ・OPENWORKで情報収集して客観的に考える

 しっかり情報収集して活動を進めていきましょう!

 今回は以上です。

-おすすめ転職サイト・転職エージェント
-, ,