キャリア・教養 副業

【初心者向け】Google Adsense による効率的なサイト収益化

GoogleAdsenseのアカウント作ってページに広告を貼りたい!やり方を教えて?
悩んでいる人

こんな疑問に答えます。

記事を書いている人


・元リクルートの人材営業、現職は営業兼Webマーケティング職。
・転職やキャリア、webマーケティングについて発信中。

本記事の内容はこちらです。

・Googleアドセンスの審査の通し方
・どんな広告が向いているのか

アドセンスの審査の通し方については体験談ですが、

本記事のアドセンスの特性や適切な使い方についてはこちらの書籍を参考にしています。

初心者目線で書いていきます。

Google Adsenseとは

Googleが提供している広告表示サービスで、サイトやブログの記事に広告を貼り付ける事ができます。

広告内容はGoogleがランダムで広告内容を決定し、該当サイトの内容に関連する広告を決めて表示してくれます。

・サイト管理者が任意で設置する広告
・自動表示する広告
・サイトにプラグインを入れて一覧に混ぜて表示する広告

などがあります。よく週刊誌のサイト等で記事の終わりに関連記事表示されている広告等もアドセンスです。

クリック課金により収益が発生します。

アカウント管理者の自己クリックや異常な大量クリックをすると不正行為とみなされ、アカウント停止させられるので、運用には注意が必要です。

発行者は間違ってもクリックしないようにしましょう。

どんなサイトにAdsenseは向いてるのか?

純粋には放置している状態でもクリックされるのが良いため、

一定期間ごとにユーザーがサイトを訪れる流行り廃りのないテーマがアドセンスには向いています。

・歴史、地域の名所を紹介しているようなサイト
・集客できている転職、人材系のサイト
・集客できている子育ての悩みを解決する網羅性が高いサイト、等々

探せば色々ありますが、このような感じです。

どんな記事を書けば集客できるのか?

検索されている数が一定数あり、競合が少なくSEO1位を取りやすい記事

・競合が少なく、リスティング広告の出稿があまりない

・検索ボリュームが一定数あるキーワードを設定した記事

・他のサイトに比べ、独自性があり、記事の主張内容に客観性、権威性がある記事であるのが良い

 ※別記事で詳細後述しますが、Googleのキーワードプランナー等を使います。

RPMとは

・RPMとは、1000回ページ表示毎の収益の事。

 当然RPMが10円のサイトよりRPM100円のサイトの方がAdosense収益は上がりやすいです。

・クリック単価が高い広告が表示されるものが望ましい。

・株、不動産、FX等に関する有益な記事はそのような傾向があります。

 このようなページは高収入世帯ターゲットのサイトで集客した場合にクリックを稼げます。

SEO順位が上がるとアクセスはどうなるか

SEOスキルはサイト開発に必須の技術です。

検索順位上位5位のサイトがユーザの70%前後を獲得すると言われています。

検索結果のサイト一覧内での発生アクション数が3位以内が上位表示の鍵となります。

最強のSEOはユーザが100%満足できる内容を作る事

悩んでいる人
ユーザーが100%満足できる内容の記事とはどういうものですか?
★必要な情報が網羅されている< ★情報が客観的で正確 ★ボリュームが多い ★理解しやすい構成になっている(わかりやすい・探しやすい) ★その上で他にないコンテンツなら尚更強い ★ユーザ体験で低頻度・有用性あればアクション起こしやすくGOOD[/st-mybox]

Google のアルゴリズムや方向性を仮説立てながら、内容を追求しよう

最初は記事を沢山書いて、トラフィックの起こりを見てサイト改善をそれぞれに図っていきます。
虎之介

・記事数がある程度になるまではAnalyticsは見なくてもいい

・アクセス増えてきたら平均セッション時間を意識する

・内部リンクを作ったり、関連記事が沢山読まれるように配慮する

※googleのアルゴリズムについてはまた別記事で紹介します。

リピータ獲得が重要

・リターニングビジタが70%位あるのが良い

・キーワード上位3位を取らないと収益は上がらない

・Adsenseサイトはビッグ複合キーワードが望ましい。

・満足すればユーザーはセッションを切る、(NGは検索結果の一覧へ戻る)

検索結果でサイトクリック率を上げるには

悩んでいる人
検索結果の一覧からクリックする時って何意識する?
検索意図に沿った内容だと、ユーザーが判断すればクリックされます。
虎之介
①ページタイトルが重要(1コンテンツ1キーワードが原則)
②質問に答えを含ませる(簡潔な答えにする)
③画像をうまく利用する
④ユーザに合わせて言葉を選択:初心者向けならわかりやすさが重要

例:○○がわからない時は●●するのが正解だった

などのようなタイトルだと①②を満たせそうですね。

ページタイトルの最初の数文字を見て流し読みして気になったフレーズを含むタイトルだけを最後まで読まれる傾向にあります。

玄人向けのページであれば、専門用語で語るのも説明が省けて良いと思われます。

初心者がターゲットのサイトならば複雑な表現を避け、

記事の書き方について

①答えだけでなく、質問も記載する  質問キーワード&答えのワード

②答えが書かれている事を瞬時にユーザに伝えられる事が良い

③ページ内リンク(目次)を作る →目的情報まで最速で辿り着く為の動線

④違和感を感じさせないデザイン(奇抜は控え、万人受けするページ)

※奇抜だとアクセシビリティが低下し、離脱する傾向がありますのでデザインはシンプルな方が良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

GoogleAdsenseの特徴と適性について説明させて頂きました。

次の記事では「GoogleAdsense審査を1日で通した体験談」について紹介させて頂きます。 

では。

-キャリア・教養, 副業
-